更年期障害プチ更年期カテゴリの記事一覧

プチ更年期障害って何?

更年期障害というと、45〜55歳くらいの閉経を迎える方の病気だと思いがちですが、若年層の方でも更年期障害のような症状を示す方がいらっしゃるのだそうです。


若年層に現れる更年期障害のような症状の原因は2つあって、1つは本当の更年期障害(40歳以下の閉経という早期閉経で卵巣機能が死んでしまって、ホルモンバランスの崩れが原因となって更年期障害を引き起こす)、もうひとつはプチ更年期障害といわれる、卵巣機能は元気で問題ないけれど更年期のような症状が起こるというものです。


このプチ更年期障害というのは、過度のストレスやダイエット、疲労、激しい運動、不規則な生活習慣、タバコなどによって生理周期が不規則になり(ひどい人は月経が止まってしまうことも)、ホルモンのバランスが崩れると更年期障害に似た症状が現れるというものだそうです。もともと、女性ホルモンの指令中枢である脳下垂体や視床下部はとてもデリケートなところ。ちょっとしたストレスによっても簡単にバランスが崩れてしまうものなのだそうです。そしてそのままそれを放置してしまうと、本当に卵巣機能が止まって、更年期障害に進んでしまうこともあるのだとか。


おかしいな?と思ったら、基礎体温をつけ、高温期・低温期があるかどうか確認することと、基礎体温表を持って婦人科を受診して血液検査をしてもらうことです。そして、血液検査によって卵巣機能には異常がないと分かったら、生活習慣を見直して規則正しい生活にし、バランスのよい食事を心がけることです。特にビタミンEはホルモンバランスを整える働きや血流改善の働きがあるそうなのでオススメなのだそうです。それから、ストレスの溜めすぎもよくないので、自分なりにストレスの解消法を見つけて、上手に解消していくこと。運動不足もホルモンバランスを乱す原因になるので、特にデスクワークの人は意識してウォーキングや水泳など週2〜3回くらいは行うようにしましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。