更年期障害の薬にはどんなものがあるの?

更年期障害になって病院を受診すると、症状や合併症に合わせて薬を処方されます。では、どのような薬が処方されるのでしょうか?調べてみました。


まず、更年期障害の原因そのものに働きかける薬として、エストロゲンやプロゲスチン(メドロキシプロゲステロンなど)があります。更年期障害はエストロゲンとプロゲステロンのバランスが崩れることによって起こる障害なので、不足しているものを補うことによって症状が改善されます。更年期障害の原因はエストロゲンの減少なので、エストロゲンを摂取することによって、ほてりや寝汗、膣の乾燥といった症状が改善するのですが、プロゲステロンに対してエストロゲンの割合が多すぎると、子宮膜ガンの発症リスクを高めることがあるのだそうです。それで、それを予防するためにプロゲステロンの代わりとなるプロゲスチンを一緒に処方することが多いのだそうです。


また、更年期障害にともなう症状を軽減させる薬として、骨粗しょう症を予防するラロキシフェン、アレンドロン酸、リセドロン酸、うつ症状を改善させる抗うつ薬、ほてりを軽減させるための一部の高圧薬、活力を高めたり骨粗しょう症を予防したり気分をよくしたりするための男性ホルモンなどがあるそうです。


これらの薬は、医師の適切な指導の下に服薬しないと、子宮膜ガンや乳がんの発症リスクを高めたり、血栓を生じるリスクを高めたり、アテローム動脈硬化、心臓発作、脳卒中の発症リスクを増大させたり、心拍数の異常低下といったリスクも含んでいます。薬は自己判断で服用したり症状がなくなったからと止めたりするのではなく、血液検査や医師の診断の元で服薬するようにしましょう。

更年期障害になりやすい人は?

更年期はみんな通る道ですが、更年期時代をさほど変わらずに過ごせる人と、更年期障害になってしまう人といるようです。では、更年期障害になりやすい人って、どんな人なのでしょうか?調べてみました。


更年期障害は、ふだんから月経周期が不順な人やホルモンバランスの悪い人、自律神経失調ぎみの人は症状が出やすい傾向にあるのだそうです。また、性格的には、まじめで几帳面、完全主義な人、責任感が強い人、人からどう思われているかということが気になる人、すぐに周りの人を頼りにする人は、ストレスをためやすい傾向にあるので、更年期障害の症状が重くなりがちなのだそうです。ストレスは自律神経の乱れに大きく関わっているので、ストレスをためやすい人は更年期障害の症状が重くなりがちというのはうなずける話ですね。


また、食事に気を使っていない人、不規則な生活を送っている人、睡眠不足がちな人、過労の人も自律神経に影響を与えるので、自律神経が乱れ、更年期障害の症状が重くなりがちなのだそうです。普段の生活を見直すのは、更年期障害の症状を軽くする上でも大切なことなのですね。


自分は当てはまることが多いぞと思う方。規則正しい生活を送って、食事に気をつけてバランスのよいものを摂るということを心がけるだけでも、自律神経が安定し、更年期障害の症状が軽減されそうですね。でも、くれぐれもストレスを溜め過ぎない範囲を心がけてくださいね。

更年期障害の症状は?

更年期障害の症状というと、のぼせや発汗といったイメージが強いですが、実は他にも全身に症状が現れるのだそうです。では、どんな症状があるのでしょうか?調べてみました。


更年期障害は、精神神経系、知覚系、運動器官系、自律神経系、皮膚・分泌系、消化器系、泌尿器・生殖器系に症状が現れるのだそうです。具体的には、精神神経系は、頭痛・めまい・耳鳴り・物忘れ・憂うつ感・判断力や集中力の低下・不眠・不安感・倦怠感などが現れるそうです。知覚系では、しびれ・蟻走感(皮膚に虫がはうような感じ)・かゆみ・知覚過敏・知覚鈍麻などが現れるそうです。運動器官系では、肩こり・腰痛・関節痛・背筋痛・筋肉痛などが現れるのだそうです。自律神経系では、のぼせ・ほてり・冷え・動悸・息切れ・手足の冷えなどが現れるのだそうです。皮膚・分泌系では、皮膚や粘膜の乾燥・湿疹・発汗・ドライマウス・唾液分泌の異常・ドライアイなどがあるそうです。消化器系では、食欲不振・吐き気・便秘・下痢・腹部膨満感・のどのつかえなどがあるそうです。泌尿器・生殖器系では、月経異常・頻尿・残尿感・性器下垂感・性交障害・外陰掻痒症などがあるそうです。


調べてみると更年期障害には本当に様々な症状が現れるのですね。これらの症状を自覚するけれど、検査をしてみても身体的な異常は認められないので、更年期障害のこれらの症状を不定愁訴というのだそうです。


思い当たることがある方、受診してみてはいかがでしょうか。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。