更年期障害の薬にはどんなものがあるの?

更年期障害になって病院を受診すると、症状や合併症に合わせて薬を処方されます。では、どのような薬が処方されるのでしょうか?調べてみました。


まず、更年期障害の原因そのものに働きかける薬として、エストロゲンやプロゲスチン(メドロキシプロゲステロンなど)があります。更年期障害はエストロゲンとプロゲステロンのバランスが崩れることによって起こる障害なので、不足しているものを補うことによって症状が改善されます。更年期障害の原因はエストロゲンの減少なので、エストロゲンを摂取することによって、ほてりや寝汗、膣の乾燥といった症状が改善するのですが、プロゲステロンに対してエストロゲンの割合が多すぎると、子宮膜ガンの発症リスクを高めることがあるのだそうです。それで、それを予防するためにプロゲステロンの代わりとなるプロゲスチンを一緒に処方することが多いのだそうです。


また、更年期障害にともなう症状を軽減させる薬として、骨粗しょう症を予防するラロキシフェン、アレンドロン酸、リセドロン酸、うつ症状を改善させる抗うつ薬、ほてりを軽減させるための一部の高圧薬、活力を高めたり骨粗しょう症を予防したり気分をよくしたりするための男性ホルモンなどがあるそうです。


これらの薬は、医師の適切な指導の下に服薬しないと、子宮膜ガンや乳がんの発症リスクを高めたり、血栓を生じるリスクを高めたり、アテローム動脈硬化、心臓発作、脳卒中の発症リスクを増大させたり、心拍数の異常低下といったリスクも含んでいます。薬は自己判断で服用したり症状がなくなったからと止めたりするのではなく、血液検査や医師の診断の元で服薬するようにしましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。