更年期障害になりやすい人は?

更年期はみんな通る道ですが、更年期時代をさほど変わらずに過ごせる人と、更年期障害になってしまう人といるようです。では、更年期障害になりやすい人って、どんな人なのでしょうか?調べてみました。


更年期障害は、ふだんから月経周期が不順な人やホルモンバランスの悪い人、自律神経失調ぎみの人は症状が出やすい傾向にあるのだそうです。また、性格的には、まじめで几帳面、完全主義な人、責任感が強い人、人からどう思われているかということが気になる人、すぐに周りの人を頼りにする人は、ストレスをためやすい傾向にあるので、更年期障害の症状が重くなりがちなのだそうです。ストレスは自律神経の乱れに大きく関わっているので、ストレスをためやすい人は更年期障害の症状が重くなりがちというのはうなずける話ですね。


また、食事に気を使っていない人、不規則な生活を送っている人、睡眠不足がちな人、過労の人も自律神経に影響を与えるので、自律神経が乱れ、更年期障害の症状が重くなりがちなのだそうです。普段の生活を見直すのは、更年期障害の症状を軽くする上でも大切なことなのですね。


自分は当てはまることが多いぞと思う方。規則正しい生活を送って、食事に気をつけてバランスのよいものを摂るということを心がけるだけでも、自律神経が安定し、更年期障害の症状が軽減されそうですね。でも、くれぐれもストレスを溜め過ぎない範囲を心がけてくださいね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121528208
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。