更年期障害の薬にはどんなものがあるの?

更年期障害になって病院を受診すると、症状や合併症に合わせて薬を処方されます。では、どのような薬が処方されるのでしょうか?調べてみました。


まず、更年期障害の原因そのものに働きかける薬として、エストロゲンやプロゲスチン(メドロキシプロゲステロンなど)があります。更年期障害はエストロゲンとプロゲステロンのバランスが崩れることによって起こる障害なので、不足しているものを補うことによって症状が改善されます。更年期障害の原因はエストロゲンの減少なので、エストロゲンを摂取することによって、ほてりや寝汗、膣の乾燥といった症状が改善するのですが、プロゲステロンに対してエストロゲンの割合が多すぎると、子宮膜ガンの発症リスクを高めることがあるのだそうです。それで、それを予防するためにプロゲステロンの代わりとなるプロゲスチンを一緒に処方することが多いのだそうです。


また、更年期障害にともなう症状を軽減させる薬として、骨粗しょう症を予防するラロキシフェン、アレンドロン酸、リセドロン酸、うつ症状を改善させる抗うつ薬、ほてりを軽減させるための一部の高圧薬、活力を高めたり骨粗しょう症を予防したり気分をよくしたりするための男性ホルモンなどがあるそうです。


これらの薬は、医師の適切な指導の下に服薬しないと、子宮膜ガンや乳がんの発症リスクを高めたり、血栓を生じるリスクを高めたり、アテローム動脈硬化、心臓発作、脳卒中の発症リスクを増大させたり、心拍数の異常低下といったリスクも含んでいます。薬は自己判断で服用したり症状がなくなったからと止めたりするのではなく、血液検査や医師の診断の元で服薬するようにしましょう。

更年期障害になりやすい人は?

更年期はみんな通る道ですが、更年期時代をさほど変わらずに過ごせる人と、更年期障害になってしまう人といるようです。では、更年期障害になりやすい人って、どんな人なのでしょうか?調べてみました。


更年期障害は、ふだんから月経周期が不順な人やホルモンバランスの悪い人、自律神経失調ぎみの人は症状が出やすい傾向にあるのだそうです。また、性格的には、まじめで几帳面、完全主義な人、責任感が強い人、人からどう思われているかということが気になる人、すぐに周りの人を頼りにする人は、ストレスをためやすい傾向にあるので、更年期障害の症状が重くなりがちなのだそうです。ストレスは自律神経の乱れに大きく関わっているので、ストレスをためやすい人は更年期障害の症状が重くなりがちというのはうなずける話ですね。


また、食事に気を使っていない人、不規則な生活を送っている人、睡眠不足がちな人、過労の人も自律神経に影響を与えるので、自律神経が乱れ、更年期障害の症状が重くなりがちなのだそうです。普段の生活を見直すのは、更年期障害の症状を軽くする上でも大切なことなのですね。


自分は当てはまることが多いぞと思う方。規則正しい生活を送って、食事に気をつけてバランスのよいものを摂るということを心がけるだけでも、自律神経が安定し、更年期障害の症状が軽減されそうですね。でも、くれぐれもストレスを溜め過ぎない範囲を心がけてくださいね。

プチ更年期障害って何?

更年期障害というと、45〜55歳くらいの閉経を迎える方の病気だと思いがちですが、若年層の方でも更年期障害のような症状を示す方がいらっしゃるのだそうです。


若年層に現れる更年期障害のような症状の原因は2つあって、1つは本当の更年期障害(40歳以下の閉経という早期閉経で卵巣機能が死んでしまって、ホルモンバランスの崩れが原因となって更年期障害を引き起こす)、もうひとつはプチ更年期障害といわれる、卵巣機能は元気で問題ないけれど更年期のような症状が起こるというものです。


このプチ更年期障害というのは、過度のストレスやダイエット、疲労、激しい運動、不規則な生活習慣、タバコなどによって生理周期が不規則になり(ひどい人は月経が止まってしまうことも)、ホルモンのバランスが崩れると更年期障害に似た症状が現れるというものだそうです。もともと、女性ホルモンの指令中枢である脳下垂体や視床下部はとてもデリケートなところ。ちょっとしたストレスによっても簡単にバランスが崩れてしまうものなのだそうです。そしてそのままそれを放置してしまうと、本当に卵巣機能が止まって、更年期障害に進んでしまうこともあるのだとか。


おかしいな?と思ったら、基礎体温をつけ、高温期・低温期があるかどうか確認することと、基礎体温表を持って婦人科を受診して血液検査をしてもらうことです。そして、血液検査によって卵巣機能には異常がないと分かったら、生活習慣を見直して規則正しい生活にし、バランスのよい食事を心がけることです。特にビタミンEはホルモンバランスを整える働きや血流改善の働きがあるそうなのでオススメなのだそうです。それから、ストレスの溜めすぎもよくないので、自分なりにストレスの解消法を見つけて、上手に解消していくこと。運動不足もホルモンバランスを乱す原因になるので、特にデスクワークの人は意識してウォーキングや水泳など週2〜3回くらいは行うようにしましょう。

更年期障害の検査・診断はどのように行うの?

更年期障害かな?と思って専門医(婦人科のことが多いみたいです)を受診したとき、どのように検査や診断が行われるのでしょうか?調べてみました。


更年期障害は卵巣機能が停止する前の変動期から症状が起こるもので、卵巣機能が完全に停止してしまったら症状が治まると考えられています。そのため、診断には血液検査でホルモンの状態をチェックするのですが、1度の検査だけでは正常値しか出てこないこともあって、時期を変えて複数回検査を行うことで更年期障害の診断を下すこともあるそうです。また、更年期障害の診断に重要な項目として、老化した卵巣機能を活発にしようとして性腺刺激ホルモン(脳下垂体から分泌されるホルモン)の値が高いということを示す必要があるのだそうです。


更年期の時期には、更年期障害以外にも似たような症状を示す病気として、内科領域の肥満・高血圧・低血圧・貧血・甲状腺機能異常・肝機能障害などや、整形外科領域の変形性脊椎症・骨粗しょう症・椎間板ヘルニアなどや、精神神経科領域の神経症・うつ病などがあげられます。それらの病気でないことを示す(除外診断という)ことも必要となります。


だから、「自分は年齢的にも更年期だから」と軽く見て市販薬やサプリメントに頼ると、重大な病気を見逃すことになってしまうかもしれません。まずは、専門医に受診して、正しい診断を受けるように心がけてくださいね。

更年期障害の症状は?

更年期障害の症状というと、のぼせや発汗といったイメージが強いですが、実は他にも全身に症状が現れるのだそうです。では、どんな症状があるのでしょうか?調べてみました。


更年期障害は、精神神経系、知覚系、運動器官系、自律神経系、皮膚・分泌系、消化器系、泌尿器・生殖器系に症状が現れるのだそうです。具体的には、精神神経系は、頭痛・めまい・耳鳴り・物忘れ・憂うつ感・判断力や集中力の低下・不眠・不安感・倦怠感などが現れるそうです。知覚系では、しびれ・蟻走感(皮膚に虫がはうような感じ)・かゆみ・知覚過敏・知覚鈍麻などが現れるそうです。運動器官系では、肩こり・腰痛・関節痛・背筋痛・筋肉痛などが現れるのだそうです。自律神経系では、のぼせ・ほてり・冷え・動悸・息切れ・手足の冷えなどが現れるのだそうです。皮膚・分泌系では、皮膚や粘膜の乾燥・湿疹・発汗・ドライマウス・唾液分泌の異常・ドライアイなどがあるそうです。消化器系では、食欲不振・吐き気・便秘・下痢・腹部膨満感・のどのつかえなどがあるそうです。泌尿器・生殖器系では、月経異常・頻尿・残尿感・性器下垂感・性交障害・外陰掻痒症などがあるそうです。


調べてみると更年期障害には本当に様々な症状が現れるのですね。これらの症状を自覚するけれど、検査をしてみても身体的な異常は認められないので、更年期障害のこれらの症状を不定愁訴というのだそうです。


思い当たることがある方、受診してみてはいかがでしょうか。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。